手に職つけたい女性に「ITエンジニア」の仕事を勧めたいワケ-能力開発テックパイラ-

女性が未経験からITエンジニアとなりキャリアを積むには

2018年01月16日 12:29

 

未経験でも転職可能なITエンジニア

IT系職種、特にエンジニアと聞くと、全く経験のない女性にしてみれば非常に難しい分野に聞こえるかもしれません。
もちろん専門職であり技術職ですから誰でも簡単にこなせる業務内容とはなってはいませんが、しかし未経験であっても十分に転職できる可能性の高い業界です。

未経験からキャリアを積むとなると、兎にも角にも転職し、そこでスキルを少しずつ磨いていくしかないでしょう。
最初に資格を取得しようと試みる女性の転職希望者もいますが、もし無資格で業界経験なしでも受け入れてくれる企業が見つかるようであれば、そうした企業へと入ってしまった方がキャリア構築がしやすいはずです。
資格取得のみではキャリアをスタートさせることはできません。
しかし、実際に企業内でエンジニアとしての一歩を踏み出せば、そこからキャリアをスタートさせることができるわけです。この違いは思いの外大きいでしょう。

資格が無駄というわけではありませんが、未経験でも応募可能な企業は少なくないですし、転職後でも資格の取得は十分目指せるため、未経験だからと転職前に資格の取得に固執する必要はないことは覚えておいてください。

未経験から目指すITエンジニアのキャリアプラン

IT系のエンジニアのキャリアプランとしては、まずはプログラマーから入り、そこからシステムエンジニアとしてのスキルを身につけ、能力が認められればプロジェクトリーダー、そして、プロジェクトマネージャーへと昇格していく形が一般的です。
技術が身につき能力がアップしていけば、ITコンサルタントやITアーキテクトといった仕事も視野に入ってくるでしょう。

もちろん、現在ではさまざまなキャリアパスが存在しており役職や職種も幅広くなっているため、無理にこうした従来の型にはめる必要もありません。
未経験なら、それよりもまずは働き始めることを一番に考えるべきです。

そもそも、経験がない場合には、現段階で詳細なキャリアパスを描くことは難しいでしょう。
働くうちに自然と昇格する人も出てくれば、どこかのタイミングで会社を辞めフリーランスとして働く人も出てくるからです。
最初から最後までプログラマーとして働く人もいるでしょう。
一つの領域をとことん極めるのも、エンジニアの選ぶべき姿となるでしょうし、この手の職種は追い求めればキリがありません。

どのようなエンジニアになりたいのかをイメージするのは構いませんが、その通りに進むことは稀であるため、今何をすべきかに集中し行動に移すことがベストとなるでしょう。