手に職つけたい女性に「ITエンジニア」の仕事を勧めたいワケ-能力開発テックパイラ-

ITエンジニアについて- 6件

女性が転職を成功させるための求人の選び方

2018年01月19日 18:22ITエンジニアについて

 

応募を無駄にしないためにチェックしておくべき項目

転職の難しいところ、特に未経験の業種や職種に挑戦する際に難しくなるのが、企業の見極めです。
転職のために応募する企業を探す際、多くの人は求人をチェックするはず。
ここから企業の見極めが始まるわけですが、つまりは応募先企業を間違わないためには、求人の選び方を慎重に行わなければならないということでもあるのです。

求人票に載せられている項目は全てチェックすべきですが、特に業務内容と応募資格、給与額と福利厚生については注意深く見ておくようにしてください。

どの職種を募集しており、その職種の人にどのような業務を任せようと考えているのか、これは詳細を確認しておくべきでしょう。
入社してから「聞いていない」とならないようにしなければいけません。
そして応募資格ですが、これも重要です。
未経験でも応募可能なのか、必要な学歴や職歴、資格などがあるのか、これを理解してから応募しなければ全ての活動が無駄になりかねないので注意しましょう。

給与額と福利厚生も当然要チェック項目となります。
業務内容と見合っているか否か、最低限の待遇が用意されているか否か、女性の転職希望者の場合には女性に配慮した制度があるか否かも確認しておくようにしてください。

求人の内容のみで企業を判断してはいけません

求人は、重要項目をチェックすることも当然ですが、そのチェックは何を元に行われるのかを理解しておく必要があるでしょう。
つまりは、自分自身の目的、希望、能力、経歴、キャリアプランなどと見合っているのか、あるいはクリアしているのかなどを冷静に判断しなければいけません。
より冷静で正確な判断を行うためには自己分析が欠かせず、その結果と求人とを丁寧に照らし合わせること、これが求人を選ぶ際に最も重要且つ必要なこととなります。

いくら求人のみを見ても、自分自身のことがわかっていなければ、選択は正しく行われません。
求人同士の比較も重要ですが、自分自身との比較も忘れないようにしましょう。

また、求人で得た情報を元に、それとは別のルートでも気になる企業の情報を集めておくことをお勧めします。
求人はあくまでも企業を知るきっかけと捉える意識も持っておかなければいけません。
求人が全てだと思い込んでしまうと、本当に必要な情報が得られず、応募先の選択に失敗してしまうでしょう。

時間がかかったとしても、自分自身との兼ね合い、あらゆる方面からの情報収集、これらによって最終的に応募先を決めること。これが正しい求人の選び方の基本となります。

プログラミングスキルを獲得する方法とは

2018年01月18日 17:28ITエンジニアについて

 

プログラミングのさまざまな学習方法

ITエンジニアとしてのキャリアをスタートさせるためには、プログラミングを身に付けなければ話にならないでしょう。
どの職種を選択し就くにしても、ほぼほぼプログラミングの知識は必須であり、またそれが身に付いていなければキャリアアップを目指すことも難しくなります。

プログラミングを学ぶ方法はいくつか考えられるでしょう。
その中でも、最も習得しやすいのはスクールへと通うことではないでしょうか。
教室や講座、呼び方はさまざまありますが、こうしたものに通えばプロに直接指導してもらうことができ、その分、上達も早くなるはず。
短期間で基礎を身に付けられるスクールも出てきているため。その他の学習方法と比べると費用は高くなるのが一般的ですが、転職活動においては大きなメリットを感じることに繋がるのではないでしょうか。

WEB上でプログラミングを学ぶことができるサイトも登場してきています。
直接プロの指導者に教えてもらう形よりも費用がかからない場合が多く、自宅にいながら学べる点に大きなメリットがあります。
また、書籍などを購入し独学で学ぶ方法もあるでしょう。
費用はかかりませんが、意志の強さがなければ継続が難しく、また、理解できない部分が出てきたときに、解決までに時間がかかってしまう可能性が高いというデメリットは避けられないでしょう。

働きながら学ぶという選択肢も

プログラミングを学ぶ方法は、主に上で紹介した3つになりますが、これらは転職前の学習方法と言ってもいいのかもしれません。
もう一つ効果的な習得方法があるとすれば、ITエンジニアの求人募集へと応募し、入社した会社で基礎から学ぶという方法。

基礎もわからないのに採用してくれる企業があるのか、という問題ですが、確かに未経験者にとってはハードルが高くなるものの、可能性はゼロではありません。
経験や資格などよりも人柄を重視する企業も増えてきているので、特に女性の場合には、やる気をしっかりと見せることができれば、経験がなくても雇用してくれる企業と出会えるのではないでしょうか。

転職後、企業内で一つずつ学んでいくことで、費用がかからないばかりではなく、勉強しながら給与を受け取ることが可能となります。
周囲はプロだらけであり、わからないことがあればすぐに解決することができるため、職に手をつけるのであれば、これほど恵まれた環境はないのかもしれません。
一番に目指すべきプログラミングスキルの習得方法は、この形なのではないでしょうか。

女性がITエンジニアを選択するメリットとは

2018年01月17日 14:22ITエンジニアについて

 

自宅で仕事をすることも可能なIT系エンジニア

現在では、インターネットで世界中の人とコミュニケーションを取ることができるようになっています。
その技術やシステムを活用して仕事を行うことも可能であり、以前と比べてフリーランスとして働くIT技術者も増えてきました。
ITエンジニアもそうした技術者の一つと言えるでしょう。

クライアントとコミュニケーションを頻繁に取る必要のあるシステムエンジニアなど、一部の職種に関してはフリーランスとして活動するのは難しく、もしこの職種でフリーとなるのであれば独立し法人を設立する必要があるものの、プログラマーなどであれば会社を離れても十分に活動できるはずです。

企業に属していたとしても、現在では自宅で仕事をしてもらう形を取る企業も増えてきているため、そうしたことを積極的に行う企業と出会うことができれば、家にいたままエンジニアの仕事をこなすことも難しくはないでしょう。
これは委託という形ではなく、あくまでも社員の在宅勤務という形であるため、福利厚生も受けることができればボーナスも受け取れるのが一般的。
このような働き方は今後も増えていくと予想されるので、それを見越してIT業界への転職を目指しておくのもいいかもしれません。

ニーズが増すからこそのメリットとは

IT系技術職のニーズが減ることは、まず考えられません。
むしろこれからさらに需要は拡大し、エンジニアが重宝される時代がやってきます。
だからこそ自宅での仕事が可能にもなるのですが、ニーズがあるということは、この分野の技術を身に付けた人の価値が上がるということでもあるのです。

女性の場合には、結婚後の出産や子育てで一度仕事から離れなければならないことも出てくるかもしれません。
体調を崩して休職したり退職するケースもあるでしょう。
それ以外にも家族の介護などで職を離れることもあるかもしれませんが、そんな形でブランクができてしまったとしても、ITエンジニアとしての技術を身に付けておけばすぐに新たな収入を得ることも不可能ではないのです。

ブランクがあっても再就職などに困らないのは、ニーズの高まりが期待できる技術職だからこそ。
これもITエンジニアを選択するメリットの一つでしょう。
経験と能力のみの世界と言ってもいいですし、この技術職のニーズが増えれば雇う側やクライアントはブランクなど気にしてもいられません。
手に職をつけるという点では選択して損のない業界・職種となることは間違いないのです。

女性が未経験からITエンジニアとなりキャリアを積むには

2018年01月16日 12:29ITエンジニアについて

 

未経験でも転職可能なITエンジニア

IT系職種、特にエンジニアと聞くと、全く経験のない女性にしてみれば非常に難しい分野に聞こえるかもしれません。
もちろん専門職であり技術職ですから誰でも簡単にこなせる業務内容とはなってはいませんが、しかし未経験であっても十分に転職できる可能性の高い業界です。

未経験からキャリアを積むとなると、兎にも角にも転職し、そこでスキルを少しずつ磨いていくしかないでしょう。
最初に資格を取得しようと試みる女性の転職希望者もいますが、もし無資格で業界経験なしでも受け入れてくれる企業が見つかるようであれば、そうした企業へと入ってしまった方がキャリア構築がしやすいはずです。
資格取得のみではキャリアをスタートさせることはできません。
しかし、実際に企業内でエンジニアとしての一歩を踏み出せば、そこからキャリアをスタートさせることができるわけです。この違いは思いの外大きいでしょう。

資格が無駄というわけではありませんが、未経験でも応募可能な企業は少なくないですし、転職後でも資格の取得は十分目指せるため、未経験だからと転職前に資格の取得に固執する必要はないことは覚えておいてください。

未経験から目指すITエンジニアのキャリアプラン

IT系のエンジニアのキャリアプランとしては、まずはプログラマーから入り、そこからシステムエンジニアとしてのスキルを身につけ、能力が認められればプロジェクトリーダー、そして、プロジェクトマネージャーへと昇格していく形が一般的です。
技術が身につき能力がアップしていけば、ITコンサルタントやITアーキテクトといった仕事も視野に入ってくるでしょう。

もちろん、現在ではさまざまなキャリアパスが存在しており役職や職種も幅広くなっているため、無理にこうした従来の型にはめる必要もありません。
未経験なら、それよりもまずは働き始めることを一番に考えるべきです。

そもそも、経験がない場合には、現段階で詳細なキャリアパスを描くことは難しいでしょう。
働くうちに自然と昇格する人も出てくれば、どこかのタイミングで会社を辞めフリーランスとして働く人も出てくるからです。
最初から最後までプログラマーとして働く人もいるでしょう。
一つの領域をとことん極めるのも、エンジニアの選ぶべき姿となるでしょうし、この手の職種は追い求めればキリがありません。

どのようなエンジニアになりたいのかをイメージするのは構いませんが、その通りに進むことは稀であるため、今何をすべきかに集中し行動に移すことがベストとなるでしょう。

ITエンジニアの年収を職種ごとにチェック

2018年01月15日 13:38ITエンジニアについて

 

特に高収入が期待できる職種とは

ITエンジニアと呼ばれる仕事はいくつもの職種に分けることができ、それぞれに役割も働き方も異なってきます。
当然、職種によって年収も異なってくるわけですが、その中でもとりわけ高収入が期待できる職種を紹介していきましょう。

システムエンジニア年収の平均額が500万円から600万円台となっているため、収入にフォーカスすれば、比較的恵まれていると言える職種です。
女性は500万円台の半ばが平均年収となっているので男性のそれと比較すれば若干落ちるものの、それでも女性が就く職種の中では高めでしょう。

ネットワークエンジニアは規模によっても異なりますが、600万円以上の年収を受け取っている人も非常に多く、平均しても600万円前後となるため、多くの収入が得られると思っておいて問題ありません。
企業によって差がありますが、規模が小さな企業であっても、能力が認められれば500万円以上は受け取ることが可能です。

プログラマーは上下の年収が非常に激しいため平均額は参考程度にしかなりませんが。
400万円前後が平均の年収額であるという見方が一般的。
都市部であり、且つ大企業であれば600万円を超える額も期待することができるでしょう。
また、職種とは少し異なりますが、プロジェクトマネージャーなどの役職へと上がれば、年収は1,000万円超えも夢ではありません。

資格や能力などにより上下するエンジニアの年収

職種によって年収や報酬の額が異なってくるITエンジニアですが、もちろん、資格や能力によっても差が出てきます。
上で触れたプロジェクトマネージャーが良い例であり、こうした役職に就くことで年収を大幅にアップさせることも可能となるのです。

IT系のエンジニアであれば、どの職種でも800万円以上受け取れる可能性がある点は押さえておきましょう。
30代で1,500万円を超える年収を獲得している人も実際におり、もちろん一握りではあるものの、会社勤めであってもここまで年収を上げることが可能であれば、キャリアプランを考える上でも目標が立てやすくなるのではないでしょうか。
また、これからエンジニアを目指す女性にとっても、目指す価値や転職する意義が見出しやすくなるはずです。

年齢によっても変わってくるエンジニアの年収額。
もし手に職をつけるだけではなく、高収入を目指して転職するのであれば、早めに動き出しておかなければいけません。
転職のタイミングが遅れればその分、年収を上げるのが難しくなると思っておくべきでしょう。
これまで全く異なる分野で働いてきたのであればなおさらです。

ITエンジニアの仕事内容と必要な知識・資格とは

2018年01月14日 14:05ITエンジニアについて

 

ITエンジニアの主な職種と仕事内容

IT系エンジニアといっても、その職種はさまざまであり、職種が異なれば携わる業務も異なってきます。
「システムエンジニア」はその中でも代表的な存在となるでしょう。

情報社会を成り立たせるためには、システムが構築されていなければいけません。
それを設計したり開発したり、あるいは運用に至るまでを担当するのがシステムエンジニアです。
設計書を書く必要があるため専門的な知識ももちろん欠かすことができません。
むしろこの作業が主な業務となっており、依頼主の要望にどれだけ応えられるかが重要な役割となってきます。

「プログラマー」も代表的な職種の一つ。
システムエンジニアが設計したシステムを形として作り上げる業務を担います。
設計書通りに行えばいいというものでもありません。
もし設計書に問題があれば、それをシステムエンジニアとともに練り直す作業も求められますし、やはりクライアントの要望にどれだけ応えられるか、ここがこの仕事の重要なポイントとなってくるでしょう。

「ネットワークエンジニア」は、ネットワークに関連した設計から運用、そして保守までをも担当する職種です。
他にも「データベースエンジニア」「サーバーエンジニア」などが存在し、ITエンジニアには多種多様な仕事が存在しているのです。

就業や応募に必要もしくは有利な知識や資格

職種が異なれば仕事内容も異なってきますが、当然求められる知識や採用に有利になる資格等は異なってきます。

例えば、クライアントとも密に連携をとり設計図を作成していくシステムエンジニアには、コミュニケーション能力が必須となります。
これに関連して国語力も重要になりますし、当然、プログラムに必要な特殊な言語に関する知識も求められるでしょう。
基本情報技術者試験や応用情報技術者試験などをクリアしていると、大きなアピールにつながるはず。
また、総合的な技能を問われるITパスポートなども転職に有利な資格となります。

プログラマーに必要な知識は、プログラムの開発に必要な言語に関するもの。
C言語やJava、Webプログラマーに関してはJavascriptなどが代表的且つ求められる知識となっています。
やはり基本情報技術者試験や応用情報技術者試験にはパスしておきたいですし、その他にもC言語プログラミング能力認定試験などをクリアしていれば、転職する際にもかなり有利に働くでしょう。

ただ、これらの知識や資格はどの企業も100%必須としている訳ではありません。
中には未経験者でも歓迎している求人が多々ありますし、学歴を不問としている企業もあります。
あまりこれらにとらわれず、広い視野で転職先を考えることも、キャリアを前に進めるためには必要になってくるのでしょう。

  • 1